9.13.2021

NEW RELASE: Albedo Gravitas / Eihwaz

 NEW RELASE: Albedo Gravitas / Eihwaz

artist: Albedo Gravitas
title: Eihwaz
label: An’archives
num:  [An’24] Free Wind Mood series
price: 24EUR, 28USD, 3200yen
LP ltd to 285, silkscreened jacket with obi (red or black), inserts and postcard
Liner notes by Jon Dale

Keiko Higuchi voice, drums, piano
Sachiko voice, electronics, percussion, melodica
Shizuo Uchida bass





Albedo Gravitas is an extension of Albedo Fantastica (released on An’archives in 2018), the duo of Keiko Higuchi and Sachiko (Kousokuya, Overhang Party, Vava Kitora). Both of them are well known names to those who are evolving in the Japanese underground waters since each has been involved in many projects and each has a consisting discography on labels as Musik Atlach, Improvising Beings, Utech. Their respective backgrounds are maybe a little bit different but they share a common interest in different genres from jazz and rock to free improvisation and have collaborated with a cast of various musicians in the likes of Cris X, Fukuoka Rinji, Kawaguchi Masami, Shin-Ichiro Kanda…
For Albedo Gravitas, Shizuo Uchida joins on bass. A peripatetic member of the Japanese underground, having played with groups such as Nord, Onna-Kodomo, Hasegawa-Shizuo, Kito Mizukumi Rouber and Keiji Haino’s Nijiumu, he most recently turned up on An’archives as one half of UH, alongside sax player Takayuki Hashimoto (of KMR and .es).
While this is Albedo Gravitas’s first album, they play together with intelligence and sensitivity, but also with a strong capacity for the unexpected; there are many moments here where you’re wrongfooted, caught askance by the way the music comes together, and comes apart.
Higuchi’s and Sachiko’s instrumental armory is multiple : piano, drums, melodica, electronics. Maybe their most remarkable presence, though, comes through voice – the glottal contortions, heart-rending sighs and moans, and chopped’n’screwed real-time vox improvs that soar across the album’s unpredictable musical terrain. Uchida works here with temporal disruption, there with heavyweight bass punctuation; drums plot out the most welcome rudimentary anti-rhythms, as electronics and melodica shoot arcs of white light through the air, lending an avant-chamber charm to the music here.
Most startling are the dynamics of the two side-long pieces, and the way the group use silence and stilted landscapes to suggest all kinds of routes previously unnavigated. In its capacity for disorientation, it feels indeed like a surprising kind of psychedelia, one far from generic constraint, and much closer to the sidereal suspension that that most overused of terms should rend through your head.


4.06.2021

4.17.2021 Musik Atlach Presents Ordvician Wings #1@Okubo Hikarinouma


































4.17.2021 Musik Atlach Presents Ordvician Wings #1@Okubo Hikarinouma

Ken Matsuani + SACHIKO
MAI MAO (Shizuo Uchida × Kyosuke Terada)
seating capacity 15 / reservation
https://hikarinouma.blogspot.com/2019/11/blog-post.html?view=classic
charge 2000yen +1drink  open 18:00 start 18:30

Live streaming: 18:30~
https://www.youtube.com/channel/UCbv64kvrGh-mn63Yy79ws6g
We accept the donation.
https://clublunatica.stores.jp/

Ken Matsutani
Known overseas for the management and activities of Captain Trip Records, Marble sheep, etc. He has been playing solo guitar work under the name of Mickey Guitar since around 2000.. The sounds that is layered one by one is ambient and sometimes chaotic, creating a beautiful and holy space.

SACHIKO
While playing as a bassist of OVERHANG PARTY at Kousokuya, she started a solo unit centered on drones by voice and electronics.
After releasing her first album in 2006, she participated in several festivals and toured Europe. Other groups include "VAVA KITORA", "Tangerine Dream Syndicate" and "Albedo Fantastica". She is running a label "Musik Atlach". http://musikatlach-sachiko.tumblr.com/

MAI MAO (Shizuo Uchida × Kyosuke Terada)
Free improvised strings duo by Shizuo Uchida and Kyosuke Terada. Both has many activities and we never drunk, we think..

2.19.2020

4.12.2020 Ordvician Flowers vol.8 @Ikenoue GARIGARI



































4.12.2020 Ordvician Flowers VOL.8@ Ikenoue Bar GARIGARI
open 18:30 start 19:00 charge 2000yen + drink
Ken Matsuani + SACHIKO
Yakouchu
mn(T.Mikawa+Jun Numata)
MAI MAO (Shizuo Uchida × Kyosuke Terada)



MAI MAO (Shizuo Uchida × Kyosuke Terada)
数々のユニットで勢力的に活動を行うShizuo UchidaとKyosuke Teradaによる弦楽インプロヴァイズドユニット。 Free improvised strings duo by Shizuo Uchida and Kyosuke Terada. Both has many activities and we never drunk, we think..



mn
非常階段、インキャパシタンツ etc. のT. 美川とdoubtmusicの沼田順による2014年結成のノイズ・インプロヴィゼイション・デュオ・ユニット。CD3作をリリース。ゲストを加えた"mn+"もそのうちリリース予定)



夜光虫
VO&Bのまどかと、ギターのルイス稲毛の二人を中心に、2004年から息の長い活動を続けている。 まどかの作る独白調の乾いた詩の世界と、けだるいメロディに、ルイスの弾くサイケデリックなアシッド感の漂うギターが唯一無二の存在の荒野を現出させている。 (鳥井賀句)



Ken Matsutani
Captain Trip Records, Marble sheepなどの運営・活動で海外でも知られる。 2000年頃からソロ・ギター・ワークMickey Guitar名義で活動。一音一音重ねてゆくサウンドはアンビエントであり時にカオティックでもあり美しくホーリーな空間を演出する。



SACHIKO
光束夜、OVERHANG PARTYのベーシストとして参加する傍ら、ヴォイスとエレクトロニクスによるドローンを主軸としたソロユニットをはじめる。06年ファーストアルバムを発表後、幾つかのフェスティバルに参加、欧州ツアーを行う。他に「VAVA KITORA」「Tangerine Dream Syndicate」「Albedo Fantastica」等で活動。レーベル「Musik Atlach」主宰。 http://musikatlach-sachiko.tumblr.com/



6.06.2019

Musik Atlach New Release: Maurizio Bianchi / T.P.T.M.B.T.D.

























6.21.2019 Release Maurizio Bianchi / T.P.T.M.B.T.D.

The new sounds of Italian virtuoso M. B. MAURIZIO BIANCHI, which has been active since 1979, is released again from musik atlach.
This time new sounds recorded in 2015. The crossing sounds are reminiscent of the viewer's own journey to the abyss. Sublime ambient drone 2 tracks playing mysterious space that makes time lapse forget.

artist: Maurizio Bianchi
title: T.P.T.M.B.T.D.
format: CD
label: Musik Atlach
number: MA-018
price: 14USD
BUY




tracks:
1. TELE PRO THERMO
2. MIKRO BIO TETRA DYS

2.27.2019

proletarian meeting vol.28 @soup

proletarian meeting  vol.28 @soup
2019.3.24(日) 開場 18:30 / 開演 19:00
¥2,000 (1ドリンク込)
soup [http://ochiaisoup.com]
john krausbauer [U.S.A.] (amplified violin) + 秋山徹次 (electric guitar)
kaori suzuki [U.S.A.] (electronic sound technologies)
astro [hiroshi hasegawa (electronics) + rohco (electronics)]
tomo (hurdy gurdy) + sachiko (voice, electronics)


John Krausbauer  (amplified violin)
アメリカ インデイアナポリス生まれのマルチ・インストゥルメンタリスト。現在カリフォルニア州のオークランドを拠点としている。ライブハウスや大学、又はギャラリーなど数多くのシーンで20年以上演奏活動を展開。様々なアーティストとのコラボレーションも行い、今までヨーロッパ、アメリカ、日本のレーベルよりレコーデイングがリリースされている。2018年Musik Atlachから「Paralleled」をリリース。




秋山徹次(エレクトリック・ギター)
ギターという楽器の持つ特質に、自身の欲求を ミニマルかつストレートな形で加えていくことによる、原始的で即物的な意 味合いを含んだ演奏を得意とする。無調でブルージーなアコースティックギターを中心に、ヘヴィーでサイケデリックなエレクトリックギター、ターンテーブルや具体物を利用した理不尽で不可解なミュージックコンクレート/エレクトロアコースティック音響など、ミクロからマクロに至る音量を、繊細に、ときには大胆にコントロールし、身体の電子化を試みる。昨年10月、ジョン・クラウスバウワー、鈴木花織とアメリカ〜カナダ西海岸ツアーを行い、サンフランシスコでジョンと録音した音源は米Black Editionsから7インチアナログでリリース予定リリースしている。



Kaori Suzuki  (electronic sound technologies)
日本生まれでアメリカ育ちのミュージシャン。現在カリフォルニア州のオークランドを拠点としアメリカの西海岸の数多くの場面で演奏活動を行っている。彼女の作品によく見られる心理音響的な錯覚は、ドローンや高周波と電気音響技術から生み出されている。
https://soundcloud.com/soundsetal/newsun-album-sampler-2m


Krausbauer / Suzuki performance video (The Lab, 2018) :




ASTROは、90年代に活動していたノイズユニット”C.C.C.C.”の創設者である長谷川洋によるプロジェクト。
80年代初頭からヴォイスやパーカッションによる即興演奏活動を開始していた長谷川は、1989年に「大音量による集団即興ノイズ演奏」をコンセプトとしたグループ”C.C.C.C.”を結成。メンバーは他に日野繭子(現Mne-mic / TRANSPARENTZ)、コサカイフミオ(現Incapacitants / 宇宙エンジン etc.)、長久保隆一(現宇宙エンジン / スワスティカ)が在籍していた。“C.C.C.C.”の活動と並行して1993年頃に、アナログシンセサイザーによるソロ演奏ユニット”ASTRO”の活動を開始。以降、作品リリースやライブ活動を精力的に行い、様々なアーティストとのコラボレーションワークも数多く行ってきた。また海外の音楽フェスティバルなどにも度々招聘されている。
2013年からは女性エレクトロニクス奏者Rohcoをメンバーに迎えたデュオ編成となる。



TOMO (hurdy gurdy): ハーディーガーディー奏者。
トラッド/古楽などの影響を軸に、ギターをはじめ民族楽器など様々な楽器を演奏するなか、千年以上の歴史をもつ古楽器「ハーディーガーディー」に関心を持つようになる。 ハーディーガーディーの可能性と独自の奏法を探求しながら、作品の制作・演奏活動を行っている。




Sachiko: 光束夜、OVERHANG PARTYのベーシストとして参加する傍ら、ヴォイスとエレクトロニクスによるドローンを主軸としたソロユニットをはじめる。06年ファーストアルバムを発表後、コンスタントにリリースを続ける。レーベル「Musik Atlach」主宰、今回来日するJohn Krausbauerのアルバム「Paralleled」を昨年リリース。

1.07.2019

Live: February 2019 3 days ogikubo club DOCTOR



































February 2019 3 days ogikubo club DOCTOR
6bodies60minutes6months vol.5 Black Valentine
club Doctor, Taiga Yamazaki, Purifiva, Musik Atlach presents
2019.2.12.TUE バラナンブ, LAPIZ TRIO
2019.2.13.WED 川口雅巳ニューロックシンジケイト, SPEARMEN
2019.2.14.THU Albedo Gravitas, 陰猟腐厭
各日開場19:00 開演19:30 料金¥2000+D 3日間通し券¥3000