2.27.2019

proletarian meeting vol.28 @soup

proletarian meeting  vol.28 @soup
2019.3.24(日) 開場 18:30 / 開演 19:00
¥2,000 (1ドリンク込)
soup [http://ochiaisoup.com]
john krausbauer [U.S.A.] (amplified violin) + 秋山徹次 (electric guitar)
kaori suzuki [U.S.A.] (electronic sound technologies)
astro [hiroshi hasegawa (electronics) + rohco (electronics)]
tomo (hurdy gurdy) + sachiko (voice, electronics)


John Krausbauer  (amplified violin)
アメリカ インデイアナポリス生まれのマルチ・インストゥルメンタリスト。現在カリフォルニア州のオークランドを拠点としている。ライブハウスや大学、又はギャラリーなど数多くのシーンで20年以上演奏活動を展開。様々なアーティストとのコラボレーションも行い、今までヨーロッパ、アメリカ、日本のレーベルよりレコーデイングがリリースされている。2018年Musik Atlachから「Paralleled」をリリース。




秋山徹次(エレクトリック・ギター)
ギターという楽器の持つ特質に、自身の欲求を ミニマルかつストレートな形で加えていくことによる、原始的で即物的な意 味合いを含んだ演奏を得意とする。無調でブルージーなアコースティックギターを中心に、ヘヴィーでサイケデリックなエレクトリックギター、ターンテーブルや具体物を利用した理不尽で不可解なミュージックコンクレート/エレクトロアコースティック音響など、ミクロからマクロに至る音量を、繊細に、ときには大胆にコントロールし、身体の電子化を試みる。昨年10月、ジョン・クラウスバウワー、鈴木花織とアメリカ〜カナダ西海岸ツアーを行い、サンフランシスコでジョンと録音した音源は米Black Editionsから7インチアナログでリリース予定リリースしている。



Kaori Suzuki  (electronic sound technologies)
日本生まれでアメリカ育ちのミュージシャン。現在カリフォルニア州のオークランドを拠点としアメリカの西海岸の数多くの場面で演奏活動を行っている。彼女の作品によく見られる心理音響的な錯覚は、ドローンや高周波と電気音響技術から生み出されている。
https://soundcloud.com/soundsetal/newsun-album-sampler-2m


Krausbauer / Suzuki performance video (The Lab, 2018) :




ASTROは、90年代に活動していたノイズユニット”C.C.C.C.”の創設者である長谷川洋によるプロジェクト。
80年代初頭からヴォイスやパーカッションによる即興演奏活動を開始していた長谷川は、1989年に「大音量による集団即興ノイズ演奏」をコンセプトとしたグループ”C.C.C.C.”を結成。メンバーは他に日野繭子(現Mne-mic / TRANSPARENTZ)、コサカイフミオ(現Incapacitants / 宇宙エンジン etc.)、長久保隆一(現宇宙エンジン / スワスティカ)が在籍していた。“C.C.C.C.”の活動と並行して1993年頃に、アナログシンセサイザーによるソロ演奏ユニット”ASTRO”の活動を開始。以降、作品リリースやライブ活動を精力的に行い、様々なアーティストとのコラボレーションワークも数多く行ってきた。また海外の音楽フェスティバルなどにも度々招聘されている。
2013年からは女性エレクトロニクス奏者Rohcoをメンバーに迎えたデュオ編成となる。



TOMO (hurdy gurdy): ハーディーガーディー奏者。
トラッド/古楽などの影響を軸に、ギターをはじめ民族楽器など様々な楽器を演奏するなか、千年以上の歴史をもつ古楽器「ハーディーガーディー」に関心を持つようになる。 ハーディーガーディーの可能性と独自の奏法を探求しながら、作品の制作・演奏活動を行っている。




Sachiko: 光束夜、OVERHANG PARTYのベーシストとして参加する傍ら、ヴォイスとエレクトロニクスによるドローンを主軸としたソロユニットをはじめる。06年ファーストアルバムを発表後、コンスタントにリリースを続ける。レーベル「Musik Atlach」主宰、今回来日するJohn Krausbauerのアルバム「Paralleled」を昨年リリース。

1.07.2019

Live: February 2019 3 days ogikubo club DOCTOR



































February 2019 3 days ogikubo club DOCTOR
6bodies60minutes6months vol.5 Black Valentine
club Doctor, Taiga Yamazaki, Purifiva, Musik Atlach presents
2019.2.12.TUE バラナンブ, LAPIZ TRIO
2019.2.13.WED 川口雅巳ニューロックシンジケイト, SPEARMEN
2019.2.14.THU Albedo Gravitas, 陰猟腐厭
各日開場19:00 開演19:30 料金¥2000+D 3日間通し券¥3000